特別展 「和の装い」

   明治以降、日本の民族衣装「和服」は、次第に西洋から伝わった洋服に
取って代わられ、日常的に着る人は珍しい存在になりました。今日では男
女とも節目となる日や行事など特別な場面で身につけられるだけで、とも
に発達してきた装身具にも見られるような伝統的な意匠や繊細な技術に触
れる機会が少なくなっています。
  今回の展示では、きわめて日本的な「装い」に関する資料を紹介します。

【主な展示資料】
  男の装い
    甲冑(伝 小野寺義道奉納)
    甲冑(伝 直江兼続奉納)
    刀剣
  女の装い
    七五三
    婚礼衣装(打掛、簪)
    和鏡
  民俗芸能の装い
    西馬音内盆踊の衣装

 チラシ

  

お問い合わせ

歴史民俗資料館
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字上川原30-1
TEL:0183-62-5004  FAX:0183-55-8177  メールでのお問い合わせ