ようこそ町長室へ

大野聖登(きよと)くんが快挙

 8月に徳島県で行われた全国高等学校総合体育大会(インターハイ)で、羽後中卒業で秋田工業高校3年の大野聖登くんが、陸上1500mと800mで優勝し、秋田県勢として43年ぶりの2冠に輝く快挙を達成しました。
 競技の模様はNHKテレビで全国に生中継され、多くの方がテレビの前でその雄姿を見ることができました。大野くんの持ち味は後半の粘り強さで、前半は後方で様子をうかがい、ラスト1週になってからスパートをかけ、全国の名だたる選手との競り合いに勝って歓喜のゴールを果たしました。
 大野くんは小学5年の頃から、全県市町村対抗駅伝(ふるさとあきたラン)に羽後町チームの一員として毎年出場しており、負けず嫌いな性格はその頃から抜きん出ていました。私も現地で何度もその姿を見ながら応援していましたが、正直全国2冠まで成長するとは想像も出来ませんでした。
 昨年末京都で行われた全国高校駅伝でも、5区で区間賞を獲得して秋田工業高校の一桁入賞に貢献しましたが、今年も年末の都路での活躍が期待されます。その後は大学進学して箱根駅伝を走りたいと話しており、さらに大きく羽ばたくことを期待しています。
 
                                           令和4年9月15日
                                           羽後町長 安藤 豊